タロット占いの解釈は絵柄によって変わります

タロット占いの解釈は絵柄によって変わります

西洋と東洋の手相占い

西洋占星術と、東洋占星術という言葉があることは、多くの方がご存知でしょう。しかし、西洋と東洋に分かれているのは占星術だけではなく、手相占いもそうなのです。手相にも西洋と東洋の区分けがあるのですが、日本国内では西洋から流れてきた手相が主流となっています。なお、東洋の手相でも占える人は存在していますので、それぞれの違いを確認するために、両方に占ってもらうという人もいます。もともとインドで発生したものが、欧州や米国などを経て流れてきたのが現在の日本の主流となっている西洋手相です。

対して、東洋手相は、インドからシルクロードを通って中国に入り、そこから発展しているのです。なお、東洋手相では、感情線や結婚線などといったよび方をせずに天紋、地紋などといったよび方をします。また、手相の線の入り具合だけではなく、その掌の色やふくらみ具合、また、その手の出し方によっても性格が現れてくるので、それらのことをトータルで見てくれるのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017タロット占いの解釈は絵柄によって変わります.All rights reserved.