タロット占いの解釈は絵柄によって変わります

タロット占いの解釈は絵柄によって変わります

占いと心理学の関係について

占いと聞くとなにやら神がかり的な物を頭に描いてしまいがちだが、実はそうとは限らない。占い師が人を占うわけだが、人は様々なサインを発信している。占い師はそれを読み取っているに過ぎない場合がある。もっとも人が無意識のうちに発信する物を読み取る能力は、それはそれで凄いものである。

人は様々な悩みを持って占い師の元へ向かう。しかしながら人の悩みには傾向がある。仕事のことであったり、お金のことであったりすることが殆どなのである。例えば、高級時計をしている人が占い師の前に現れたならば、悩み事はお金のこと以外であろうと占い師は判断するし、また若い女性が現れたならば、かなりの確立で異性のことの悩みであると推測できるのである。

つまり、占いは心理学であるともいえるのだ。もちろん神がかり的な占いも存在することであろう。しかしながら、どんな占い師であっても何の情報を得ることなく、他人を占うことができないのも事実である。

Copyright (C)2017タロット占いの解釈は絵柄によって変わります.All rights reserved.