タロット占いの解釈は絵柄によって変わります

タロット占いの解釈は絵柄によって変わります

星占いはどのようにして未来を導きだすのでしょうか?

巷で目にする占いの種類は多岐に渡っています。星占い、タロットカード、姓名判断、動物占い、手相占い等々。中でも一番目にされるのが星占いではないでしょうか。別段、意識をしていなくてもテレビや雑誌などふとした時に目にします。特に占いに興味がなくても話題にのぼることもあるほど身近な占いですが、意外と星占い自体についてはあまり知らない方も多いのではないでしょうか。

そもそも誕生日によって○○座というものが決まっているのは何故かというと、星占いが「生まれた時の太陽の位置にどの星座があったか」という理由で決定しているからです。ですから、一般的な星占いで見られる星座、黄道12星座は、全て太陽の通り道にある星座です。とはいえ、実際の星座の大きさはまちまちであったり、時期がズレていたりするので注意しましょう。

簡易の占星術とも言える星占いですが、元々占星術というものは紀元前2千年紀のバビロニアが起源とされています。今のように庶民が個人的に占うのではなく、権力者や国などのために当時の天文学者と言われる人々が惑星の位置を見て未来に起こることを予測しようとするものでした。そのようなものが現代の星占いという形で伝わっているというのは面白いですね。

Copyright (C)2017タロット占いの解釈は絵柄によって変わります.All rights reserved.